社用車・送迎バスなど車両の管理委託で人材採用・集客・コスト削減を実現します。車両管理は兵庫県ナンバーワンの運転士数を誇るホープにお任せ下さい。


HOME > 採用情報 > 先輩の声

採用情報

先輩の声

西川邦人

■業務内容:日々変化し同じことがない

弊社では、送迎バスや役員車を何台も抱えており、それぞれに決まった運転士がいるのですが、様々な事情で欠員が出るときがあります。
そんなときに、臨時で運転士を務めるのが私の仕事です。
勤務先は日々変化しますし、走行ルートも違います。
乗せるお客様も違えばその都度対応も変えていかないといけません。
そこがこの仕事の大変なところでもありますが、やりがいのある部分ですね。

■志望動機:仕事は変わっても「運転士」にこだわった

もともと長距離トラックの運転士をしていたのですが、家に帰れない日々が続いていました。
結婚を機に、少しは規則性のある運転士の仕事を探していたところ、送迎バスや役員車の運転手の募集を知り、応募をしました。移動距離もほとんどが兵庫県内ですしね。
運転士の仕事はずっと続けていきたいと思っていので、そこだけは曲げられませんでした。
車を運転するのがやっぱり好きなんです。どこまでも続く道を走るロマンですね(笑)

■仕事のやりがい:「人を乗せる」という重み

毎日仕事が違うので、ハリがあります。行く場所も走る道も違う。特に、毎日違う人に出会うことが面白いですね。
会社の社長様から保育園・幼稚園の園児さんまで、本当に様々。
トラック運転手はずっと一人なので、後ろに誰かを乗せて走ることがありませんから、一期一会を大切に日々の仕事を楽しんでいます。
もちろん、「すべての方を安全に目的地までお送りする」という大きな責任感を持つことが大前提です。
 行き先が毎日変わるので、仕事に行く前日には行く先の資料を見直して、ルート確認・ダイヤ確認をしています。
この仕事を始めて12年目になりますが、安全な運行のために必ず必要なことなので、そこは今でも欠かしません。